1. HOME
  2. 所信紹介
  3. 交流促進委員会
  4. 交流促進委員会所信

交流促進委員会

交流促進委員会

交流促進委員会所信

交流促進委員会

委員長 倉本 亘

所信

 交流という言葉には、異なる地域や組織の間で人や物事が互いに行き来すること、という意味があります。しかし、今なお続くコロナ禍において人と人との交流は大きな変化を迎えました。つまり人との接触機会を減らすこと、人と距離を取ることが求められる世の中となりました。これまで人と接することによって築かれてきた関係性はこのコロナ禍において分断されつつあります。このような現状が継続し、人との交流が避けられ、交流の機会がますます失われると、これまで築き上げてきた関係性は途絶えてしまう恐れがあります。この希薄になりつつある関係性を新たな手段を用いてより濃密な関係へと転換させる必要があります。丹波青年会議所には、この分断されつつある状況が好転することをただ待つのではなく、自ら行動することで好機に変革させることが求められています。
 丹波青年会議所は昨年、創立50周年を迎えました。私はこの記念すべき年を現役会員として迎えられたことに喜びを感じています。私は50周年記念事業を通して、先輩諸兄姉によって受け継がれてきた丹波青年会議所の歴史や功績、伝統を学び、社会の変化に応じて行動し現状を好転させる必要があると感じました。また目的を達成するために邁進する現役メンバーの力強さを感じました。これはメンバー一人ひとりの力だけでなく、全員が強い志を持って結束し、行動した結果生まれたものだと感じました。この結束力を生み出すためには、日頃からメンバー同士がお互いを理解し信頼し合うことが重要であると考えます。お互いを理解し信頼することは容易にできることではありませんが、まず相手の考え方や興味・関心事に耳を傾け、その上で自分自身の考え方や興味・関心事を相手に伝えることが大切となります。相手が日々どのようなことをしているのか、何に興味があるのか、メンバー一人ひとりが知ることで相手のことをより深く理解することができ、相手の立場に立って物事を考えることができるようになります。加えて自分自身がこれまで興味のなかったことに関心を持つようになり、新たな知識を獲得することで自分自身の成長につながります。現在の丹波青年会議所は歴の短いメンバーが多く、お互い知らないことがまだまだあります。相手の興味・関心事をきっかけにメンバー同士の関係性を拡げて、メンバー自身が成長できる機会を提供していきます。そしてメンバー同士が濃密な時間を共有することでお互いが深く理解し合いより強い信頼関係を構築し、丹波青年会議所の結束力を高めていきます。またこの結束力は丹波青年会議所だけに留まりません。同じ志を持って活動する仲間が世界中に存在しています。その同志との結束力を強めともに運動を起こすことで、社会により良い変化をもたらすための発展と成長の機会を提供していきます。丹波市には私たちと同じくまちの活性化を図る各諸団体が多く存在します。その団体がそれぞれ独自に活動しているだけでは、まちに暮らす人々が笑顔で活気あふれる生活を送る社会は作れません。丹波市をよりよくしたいという理念をお互いが共有し、相手が目指す方向性や抱える課題を十分に理解しパートナーシップを結ぶことで相乗効果が生まれ、明るい豊かな社会の実現に向かっていきます。
 本年度、交流促進委員会はメンバー同士が深く理解し合える活動を展開します。今よりも相手のことを深く理解し、より強い信頼関係を構築し強く結束した丹波青年会議所を目指します。また、今までの丹波青年会議所を築き上げてこられた先輩諸兄姉や各諸団体との交流を絶やすことなく、様々な知識や経験を吸収し、メンバーの確かな成長を追求し続けます。さらには日頃から支えてくれている家族や会社の人たちへの感謝を忘れずに活動することで、より信頼関係の強い団体へと成長すると確信しています。

基本方針
一、相手の立場に立って物事を考えられるようにメンバー同士の相互理解を深めます
一、市民や行政そして各諸団体と交流しまちの活性化を図ります
一、先輩諸兄姉や会員家族との交流の場を提供します

事業計画
1.1月新年例会
2.12月納会例会
3.アンコールJCとの交流
4.国内協力LOMとの協定・交流の実施
5.各地ロムナイトの設営
6.会員交流事業の実施
7.OB交流事業
8.各大会ブース出展関係
9.SDGsの実行
10.50周年ビジョンの推進
11.会員拡大の推進
12.行政や各諸団体との連携・協力・交流
13.各委員会との連携及び支援
14.理事長諮問に関する事項