1. HOME
  2. 所信紹介
  3. 人間力向上委員会
  4. 人間力向上委員会所信

人間力向上委員会

人間力向上委員会

人間力向上委員会所信

人間力向上委員会

委員長 西川 隆俊

所信

 近年、コロナウイルス感染対策として人と対面で接する機会が減少しています。テレワークや時差出勤等で職場での気軽な会話がなくなり、一緒に食事に行く等のこれまで当たり前にできていたことができなくなっています。対面の機会が減った事により相手の悩みや不満等、内面の変化にも気づきにくくなっている中で、物事の本質を見抜いていく洞察力が必要になります。また、ICTの活用が進められている中で利用環境が整っていない状況やツールを使いこなせない等、対面でないと自らの思いを正確に相手へ伝えることが難しい部分があります。そういった中でコミュニケーション不足になると人との信頼関係が築きにくくなり、仕事がやりにくい等の効率面でも支障をきたします。
 リーダーシップとは、同じ目標に向かって周りの人をまとめて進めていく統率力のことです。物事を進めていくうえで先頭に立ち自らの考えだけを押し付けていくだけではなく、周りの意見も聞き入れながら目標に向かって進んでいかなければいけません。進めていく中での決断や行動に責任をもち、この人が言うなら大丈夫、ついていけると周りから信頼されることも必要です。人間力とは自ら見て聞いて考えて行動する、自分一人で解決できないことがあれば周りの人と協力して解決する力のことだと考えます。人間力はリーダーシップを発揮する為に必要となる要素であり、人間力を成長させる為にはコミュニケーションが必要不可欠だと思います。コミュニケーションという言葉には、人との意志の疎通、心や気持ちの通い合い、相互理解という意味があります。相手が伝えたいことをないがしろにして、自分の思いだけを一方的に伝えるだけでは相手の理解を得られないことにつながります。自らの意志を相手に正確に伝える為にその表現力を高めていく必要があります。私は人からのアドバイスや指摘を聞くとそれはどうなのだろう、なぜこんなことを言われないといけないのかと素直に聞き入れず懐疑的に受け取ることがあります。言われたことすべてをそのまま受け入れることが絶対に正しいとは限りません。しかし、一度は素直な心で聞き入れ、自分の中に落とし込み、必要な部分を取り入れ、自らの考えを伝える。それが、傾聴だと考えます。このようなコミュニケーションを取ることができれば信頼関係も築き易くなり、自身のリーダーとしての力も成長させることができます。また、リーダーに必要な力として洞察力を高める必要があります。洞察力を高めることにより物事の本質を見抜き最適な道を進むことができ、他人の変化にも気付けるようになると考えます。私はLOMメンバーから入会当初に比べて変わったなと言われたことがありました。周りから見ると自分では変わったつもりがない所が変わっていたり、ここが変わったと思ったことが変わっておらず、自分自身では自覚できないこともあります。自分を知り、自分に何があり、自分に足りないものが何かを考える。そういった姿勢をとることで、他の人が見た際にあの人もやっている。自分もやろうという姿勢へと繋がります。人間力向上委員会として、傾聴・伝達力・洞察力のキーワードを大切に一年間活動していきます。
 2022年度人間力向上委員会では、人の話を素直に聞き自ら考え伝える力を向上させます。あの人は雰囲気が変化した、あの人と話していると居心地がいいとメンバー一人ひとりが各個人の変化・成長を感じとり自己啓発へと繋げることができる1年にします。

基本方針
一、 メンバーが素直な心を持ち人の話を傾聴します
一、メンバーの考え伝える力を向上します
一、メンバーが一人ひとりの変化に気づくよう洞察力を鍛えます

事業計画
1.5月LD例会
2.9月例会
3.3分間スピーチ
4.人間力強化及びリーダーシップ研修
5.SDGsの実行
6.50周年ビジョンの推進
7.会員拡大の推進
8.行政や各諸団体との連携・協力・交流
9.各委員会との連携及び支援
10.理事長諸問に関する事項