1. HOME
  2. 所信紹介
  3. 丹波アカデミー委員会所信
  4. 丹波アカデミー委員会所信

丹波アカデミー委員会所信

丹波アカデミー委員会所信

丹波アカデミー委員会所信

丹波アカデミー委員会

委員長 實吉 直

所信

丹波青年会議所は1972年この地に氷上青年会議所として創立以来「明るい豊かな社会の実現」のもと、この地域を更に良くしたいという先輩諸兄姉の49年に渡る熱い情熱と、たゆまぬ努力により継続し地域に変化をもたらせてきました。丹波市にはまちの活性化を求める各諸団体も多く、その各諸団体のリーダーには丹波青年会議所を卒業された先輩諸兄姉や現役会員も多く存在します。地域のリーダーとして成長し活躍されているのは青年会議所活動を通じた様々な経験も1つの理由であると私は考えています。2021年度の丹波青年会議所は、50周年の節目を迎えます。我々は丹波青年会議所の在り方やJAYCEEとしての志をもち、まちを牽引するリーダーを輩出し続けることが「明るい豊かな社会の実現」に向け必要です。
丹波青年会議所に入会して自身の言動の変化を考えたことはありますか。私は入会を経てまちや子どもたちへの活動に対し、他人から指示されるのではなく能動的な言動に変化しました。青年会議所へ飛び込むことで新しい仲間や考え方、気づきに出会うことができます。そして苦しいことを共に乗り越えることで信じあえる友となり、やがてお互いが尊敬しあえるような心でつながる友になります。私自身そうであったように会員相互で刺激し認め合い、磨き合いながら意識変革へつながっていくものと信じています。さらに会員一人ひとりが丹波青年会議所を深く知り大切に想い、全員が歩みを揃えながら拡大活動を行い、明るい豊かな社会の実現のために同志を増やし続けなければなりません。青年会議所は単年度制で組織がかわり、違う担いを受けることで成長の機会を提供する場です。目標とする場を指し示すリーダーシップ、そして指し示した場所に向かって成果を最大化するマネジメントの両輪が回る組織づくりがリーダーには必要であると考えます。一人ひとりがまちのリーダーとして人間力を磨くことで更に魅力ある丹波青年会議所へと成長するものと考えます。我々は先輩諸兄姉から受け継いできた丹波青年会議所50周年という大きな節目に組織を牽引するという志と自覚をもち、この年を現役として迎えられる喜びを感じながら活動を行っていかなければなりません。
本年度丹波アカデミー委員会では丹波青年会議所を深く知る活動の中で、会員相互の関係性をより強固にしながら会員の意識変革を行い、ダイヤモンドのように輝きのあるLOMへと成長し、まちに必要とされる誇り高きJAYCEEを輩出していきます。そして魅力ある丹波青年会議所に新たな同志を増やし、次世代のリーダーを育成し、それぞれの高い志と想いを未来に向け伝播していきます。

基本方針
一、JC運動・活動を通して会員の意識変革を行います
一、丹波青年会議所の発展へ向け歩みを揃えた全員拡大を目指します
一、個々の人間力を高め更に魅力ある丹波青年会議所へ成長します

事業計画
1.1月新年例会
2.9月例会
3.12月納会例会
4.3分間スピーチ
5.会員拡大活動の先導
6.全体拡大会議の実施
7.LDセミナーの実施
8.JAYCEEセミナーの実施
9.50周年記念誌発行に関する事項
10.第54回ブロック大会に関する事項
11.各地災害復興支援
12.SDGsの推進
13.会員拡大への絶対推進
14.行政や各諸団体との連携・協力・交流
15.各委員会との連携及び支援
16.理事長諮問に関する事項