1. HOME
  2. 所信紹介
  3. ブロック大会実行委員長所信
  4. ブロック大会実行委員会所信

ブロック大会実行委員長所信

ブロック大会実行委員長所信

ブロック大会実行委員会所信

ブロック大会実行委員会

実行委員長 足立 雄一郎

所信

兵庫ブロック協議会の運動を発信する最大の場がブロック大会です。昭和の時代に氷上青年会議所として第21回ブロック会員家族大会、平成に時代が変わり丹波青年会議所として第43回ブロック会員大会を主管されました。時代は令和になり丹波青年会議所は第54回ブロック大会丹波大会を主管させて頂きます。丹波青年会議所の歴史も50周年という記念すべき年を同時に迎え、兵庫25LOMが一堂に会すブロック大会と50周年事業という二つの大きな事業に挑む年であります。令和の時代にも兵庫ブロック協議会の伝統ある歴史に、この二つの大きな事業の両立が可能な勢いある丹波青年会議所の灯を刻む大きなチャンスではないでしょうか。
丹波の地において3回目の本ブロック大会では、明るい豊かな社会の実現のため、会員一人ひとりの経験や行動力と実行力を結集し一枚岩となります。会員の力が結集した一枚岩に丹波の魅力と文化を掛け合わせさらに大きな一枚岩となります。この大きな一枚岩がJC運動を発信することで市民の心を躍動させます。丹波から伝播した運動が兵庫全体に翔け廻り明るい豊かな社会の実現と兵庫の魅力の発展につながります。
本ブロック大会では大会テーマを「先翔-SAKIGAKE-」、大会スローガンを「兵庫の未来の先に立ち、若い力で翔け廻る」に選定しております。先輩諸兄姉から受け継いだ「時代」や「まち」の先頭に立ち、会員一人ひとりがまちづくりやひとづくりのために翔ける運動を発信します。明るい豊かな社会の実現や故郷の明るい未来の先翔けとなる熱き想いが、次の時代を担う若い世代に廻っていくことで「時代」や「まち」のさらなる発展につながります。先輩諸兄姉が構築されたブロック大会を参考にしつつ新たなことに挑戦し、会員一人ひとりの力と、丹波の魅力を存分に活かした丹波ならではの運動の発信を行います。テーマに掲げております「先翔-SAKIGAKE-」には、地方から発信するまちの良さを活かしたブロック大会を構築し、兵庫25LOMのすべてがブロック大会という大きなJC運動に圧倒されることなく、主管したいと熱き想いを灯す先翔けとなることも含んでおります。兵庫25LOMの先翔けとなるブロック大会を成功させ、兵庫ブロック協議会の伝統ある歴史に三度、丹波青年会議所の灯を刻むことを目指します。
本年度、第54回ブロック大会丹波大会を主管し、大会を通じて丹波青年会議所の会員一人ひとりに新たな出会いの機会を提供します。成功への灯を刻む一歩一歩が親しみを深め道に迷っても信じ合いともに先を照らし心から尊敬し合い、一年を終えるときには明るい豊かな社会の先頭に立つ友となります。会員一人ひとりの故郷に馳せる志と、熱き想いが結集し大きな力となり、丹波青年会議所の素晴らしさと丹波の魅力を兵庫全体へ発信するブロック大会を実現します。

基本方針
一、ブロック大会丹波大会を大成功させます
一、丹波の魅力を発信し兵庫25LOMに伝播させます
一、次の時代を担う若い世代の先翔けとなります

事業計画
1.7月例会
2.8月例会
3.各大会ブース出展
4.第54回ブロック大会に関する事項
5.ブロック大会運営委員会との密な連携
6.50周年記念事業の立案と遂行
7.50周年ビジョンの策定と提言
8.各地災害復興支援
9.SDGsの推進
10.会員拡大の絶対推進
11.行政や各諸団体との連携・協力・交流
12.各委員会との連携及び支援
13.理事長諮問に関する事項