10月例会開催致しました

10月4日に「やさしさ溢れるまちづくりへの一歩へ」をテーマに、社会的に脆弱な立場の方への「配慮と工夫」について1日かけて学び、体験し、考える事を行いました。
まず、障がい者のノーマライゼーションやバリアフリー、ユニバーサルデザイン等を委員会発信でしっかりと学びました。
次にバリアフルな森を、誰もが安心していけるようバリアフリーのある森に、ユニバーサル遊具のある森づくりを行ってきました。
最後には、各テーマに分けグループディスカッションを行い、今後のJC活動でどのような配慮と工夫を行えるか議論しました。
参加メンバー全てが、真剣に取り組むことができ、このまちに、合理的な配慮とありったけの工夫が点在し、誰一人として取り残さない「やさしさ溢れるまち」へ我々丹波青年会議所は、挑戦できる土台が出来たと確信致しました。
今後の丹波青年会議所の活動、事業に今回の学びを反映しまちへ伝播していきたいと思います。
夢丹波創造委員会 委員長 高見 忠寿
~ 一緒にJC活動をしませんか? ~
私たち丹波青年会議所では、このように会員の資質向上や、地域の活性化を目的に毎月例会を開催しています。
「友情を深め、互いを切磋琢磨し磨き合える仲間を作りたい。」「自分たちが住む地域を盛り上げたい。」など熱い心を持ったメンバーを丹波青年会議所では募集しています。是非、私たちと40歳までおもいっきりJCをしませんか??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です