丹波市の高校に通う高校3年生応援プロジェクト開催しました

我々、青少年育成委員会と夢丹波創造委員会は、去る10月10日(土)に、春日総合運動公園にて、高校3年生応援プロジェクト 想い打ち上げドライブイン花火【上へと羽ばたけ】~オワリはじまりのI’Sを開催しました。
台風14号の影響が懸念されましたが、開催中は雨風がなく、高校3年生の想いと共に253発の大輪の華が丹波の夜空を彩りました。
地元ラジオ局協力のもと高校生と青年会議所のメンバーがパーソナリティーで生放送。一つひとつの想いを丁寧に読み上げ、打ち上がる花火は、今までの花火とは一味も二味も違うものとなりました。
花火終了時には、参加者に今回の花火の主旨に賛同頂けたならパッシングをもって拍手としますとラジオで問いかけると、どの車も何度も何度もパッシングをしてくれました。それはまるで花火のように会場を明るく、豊かに灯していました。
コロナ渦の中の事業構築は発想の転換の連続でした。コロナだからこそできた想い打ち上げ花火。この「発想の転換」が、高校3年生の「未来を切り拓く」一つの想い出となったことを願います。
最後になりましたが、丹波市消防団春日支団の方々には、事前散水、待機等長時間のご協力頂きました。
心より感謝申し上げます。
青少年育成委員会 委員長 實吉 直
夢丹波創造委員会 委員長 髙見 忠寿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です